Kodama Satoshi


16年11月13日

ずいぶんとひさしぶりの日記になってしまった。
とはいえ、いまから空白を埋める記述を始めるつもりはさらさらなくて、今日の日記は、空白の末尾を定めるために打つ点のようなものである。連綿と続くながいながい一日を、一度区切るような感じ。都合のため。

飼い猫のもきちの容態は、今月2日に抜糸をしてもらい、病理医からも特別危惧するなにかは見つからなかったとの報告を受けたので、ようやく安堵。いまはホットカーペットの上で、腹を丸出しにして寝ている。

16年11月13日