Thu Jan 18 2018

この三夜ほどで、『地下鉄道』(著:コルソン・ホワイトヘッド/訳:谷崎由依)を読む。好きな小説だった。
それほど長い長篇ではないし、訳文も読みやすい。なのに三夜もかかったのは、それぞれの文章の密度が高く、風が吹くように凄惨なことも起こるためだった。
またひとつ、大きな無知を知る。このペースだと死ぬまでなにも知らないままである。

何度か付けようと思ったのだったが、一週間も日記が空いてしまった。
16日の深夜に、高嶺(格)さんがメールをくれ、今月25日まで京都で展示をしていると教えてくれた。
送ってくれたリンク先には、『歓迎されざる者』という作品であることと、漂流物の写真が掲載されていた。
その後、少し調べると、どうやらこの写真は昨年末秋田に漂着した船のようであった。

『秋田領民 漂流物語』(著:神宮滋)という本があり、読んでいないのだけれども、それは鎖国の時代下、不慮の漂流の果て、生還した秋田のひとびとの話が記された本らしい。読みたいのだが、見つけられていないのだ。
それにしても、「秋田領民」でくくられているのが気になる。秋田は漂流と縁深い土地なのだろうか。
芸大卒、その前は高専を中退した学歴のおれは、高校レベルの国語、地理、歴史をまったく学んでいないため、もしかすると「秋田は漂流と縁深い土地なのだろうか」という問いは、とても浅薄な問いなのかもしれない……。だからこそ読みたいし、また別の「漂流」にまつわる本も購入済みである(『地下鉄道』を先に読んでしまったが……)。

そうした関心を持っているいま、上記の『歓迎されざる者』という作品は非常に興味深い。やはり観に行くべきだろう。
悩んでいたが、この日記を書くうちに行くべきだと思った。だから、準備をしないと……。