Tue Jan 23 2018

20日もまた22時まで眠りこけてしまい、このままでは一生お出かけできないので、平山夢明『ダイナー』を読みながら21日の夜明けを待つ。
読了後、家の掃除を少しし、出発。帰省と、人と会うのが目的。

13時、文化庁メディア芸術祭京都展「Ghost」に。高嶺格『歓迎されざる者』を観る。
インスタレーションであるその空間は、高嶺さんの作品に通底する、すっきりとしたレイアウトなのだけれどもそれでいて無機的ではない独特の感触。
椅子が一脚。そこに掛ける女性が詩を読んでいた。
詩は元来、発声されるものであったが、やがて、書かれ、そして読まれるものとなったため、ずいぶんと昔から黙読されるものでもある。
女性は詩を音読していたため、手元にはそれが書かれた本があった。だから、その空間は、わたしたちがいれば、わたしたちに読み聞かせる空間となった。
おそらく誰もいない時も詩は読まれていただろう。ただ、観るものが知ることのできるその場所は、読み聞かせが行われる空間でしかないため、ほんとうのところはわからない。

ここ三年ほど、「歌」と、それを「歌う」ことについて考えてきた。拙作『イサナの歌』はそういう小説でもあったが、それを書き終えたいまもまだ、「歌」と、それを「歌う」ことについての思考は続いている。いま手掛けている『電子のテルマ(仮)』にもその思考の変遷は反映されるだろう。
現代において、「詩」を音読するものは、あるいは「歌」を歌うものは、どのような場所でならば歓迎されるのか。それは、歌手や詩人の話ではない。最高に小さな歌の話である。

展覧会を後にし、出町柳の喫茶店に。年齢不詳のウエイトレスがいて驚く。綺麗なひとだったが、一見老いて見える。ところが声はとても若く美しい。

夜、友人と会食。深夜に大阪の実家に帰る。

22日。大阪は曇天でとても冷えた。東京では雪が降ると再三報じられていた。
浅い夜、梅田まで移動し長年通っている美容室に。といっても、約三年ぶり。店は名前も内装も変わっていたが、懇意の美容師は変わらずだった。
理髪を終え、コーポ北加賀屋、千鳥文化に。
西光祐輔さんの個展『THE NIGHT』。とても良かった。コーポ北加賀屋と千鳥文化の二箇所で行われていた展示はそれぞれ趣が違い、どちらも良かったが、特に千鳥文化でのものが好きだった。
千鳥文化では西光さんがバーをやっていて、そこで西光さんをはじめ、ひさしぶりに会う方々、そうでもない友人と過ごす。
午前様で実家に戻る。

23日。22日の夜遅くに飼い猫の世話を頼みこの日も誰かと会うつもりだったが、都心の雪の影響で22日の飼い猫の世話が夕方となってしまったため朝から帰路に。
昼過ぎに戻った東京は雪がたくさん残っていたが、晴れていてあたたかかった。