楽観

『Life on Mars?』は単なる歌ではないと宣い、そして現在のその時に彼女は還る。彼女がここで私たちの誰よりも穏やかに振る舞うのは、私たちが手遅れになる前にそこに追いつくことを期待しているからだ。
下層が無邪気に街をゆく。「明日はまた明日の太陽がピカピカやねん」とチエちゃんが言う。逆流するソフトクリームが温泉と混ざり合って、色が褪せるのをただじっと待つ。毎晩、夢にうなされ目覚めてすぐにパンを食う。重い扉の開閉により部屋はしぼんでから膨らむ。