Answer

Nuanceというようなものは無くなってしまいました。いまはただ、ひたすらに明瞭であることが大事なのです。才能溢れる若人が、athleteの振る舞いでその情報処理能力を切磋し、明晰に、そして膨大にしたためたものこそが評価されるのです。
自明のこととして、それはdystopiaを描き出します。矛盾の無い、完膚なきまでに打ちのめされた世界が超高画質でdisplay。圧倒的な美しさ。

あなたが準備し続けている物語が遅々として進まないのは、それが潜在的に希望の物語だからなのかもしれません。そのことは欠陥であり、不都合でもあります。つまりproblem。最善の対策は潜在的な希望の正体を暴き、それをdystopiaのそれに変換すること。そうすることによって目的は果たされるはず。

いまにして思えば、目的とはなんだったのでしょうか。思い出せることではなさそうです。なぜなら、それを思い出す装置は失われてしまったから。いまはただ、深く潜り、目の前にあるものを克明に活写し続けるだけ。
その行為は疑問を生む可能性があります。しかし、おそらくその行為だけがsatisfactionを与えてくれるのです。きっとそうに違いありません。Completeを果たせば、やがて疑問は消えてなくなるでしょう。だから……。だから……?

なにが?